伊豆河津町について|みかんドレッシング・みかんジュースのお取り寄せなら「長田農園」

伊豆河津町について

伊豆を楽しむ初回
伊豆河津町と言えば2月初旬から3月中旬まで咲く早咲きの桜「河津桜」がある。
1月下旬頃から淡紅色の花が約1ヶ月にわたって咲き続ける。
この桜は、オオシマザクラ系とカンヒザクラ系の自然交配種と推定されている。
近年はこの間約80万人の観光客がこの桜を鑑賞にやってくる。
一方忘れてはならないのが「伊豆の特産は文学だ」と言いたくなるほどに、伊豆は文学の宝庫である。
伊豆を訪れ、伊豆を愛し、数々の名作を残した川端康成は何度か河津町を訪れ、著書にはノーベル文学賞に輝いた「伊豆の踊り子」があまりにも有名である。
その昔、流人の里であった伊豆は、やがて、詩人や文士達を受け入れた。
昔は旅人の癒しの地・伊豆は、今は寒風の中咲き誇る「河津桜」なのか。

「賀茂十一野菜」とは

かつては海路の要衝にあった伊豆半島南部に多く自生する食用可能な植物のうち、特にかつての士(つわもの)たちが、食膳に供していたと思われる古くも新しい“野菜” です。
現在では、ノビル(野菜)やツワブキなどがかろうじて地元の直売店などにだされ、食用として利用されている程度です。
これらは、滋養成分に富み、旬の地域の味覚としてその価値を見直されてつつあります。
 伊豆を訪れたお客様に、地元の旬の食材でおもてなししたいとの思いで、栽培・利用を推進しています。是非『賀茂十一野菜』を食べて、伊豆を満喫してください。
(お問い合わせ:伊豆農業研究センター)

長田農園では外にボタンボウフウ(長命草)、ハマダイコンなどを栽培しこれを使った農家の献立でおもてなしをします。

お問い合わせはこちら

mobile080-3622-9028

tel0558-32-1629

ページの先頭へ